本校の取組について(教育関係者向け)

谷田部東中学校では,学校経営の重点に「挑戦(challenge)と創造(Innovation)を具現化する。」を掲げ,これまでの公教育の枠にとらわれることなく,「生徒も先生も元気になれる学校」作りを目指します。

そのために本校が取り組んでいく内容を可能な範囲で公開していき,多くの教育関係者の皆様とともに共有し,教師同士が学び合うことでともに発展することを願います。

(1)Microsoft365を活用した双方向型学習・生活支援について

本校では,新型コロナウィルス感染症による休校及び分散登校期間中の学びの保障の取組としてMicrosoft365のOneNote Class Notebook機能やForms機能を活用した非同期型の双方向生活・学習支援に取り組んできました。現在はさらにTeamsを追加した形の学習支援に取り組んでいます。

①マイクロソフトOne Note クラスノートへのアクセスの仕方(PDF)

②マイクロソフトFormsで作成した学習課題への取り組み方(PDF)

①マイクロソフトOne Note クラスノートへのアクセスの仕方(動画)

②マイクロソフトFormsで作成した学習課題への取り組み方(動画)

One Noteクラスノートに関するQ&A

〇谷田部東中学校「Teamsの入り方について」

(2)部活動改革について

洞峰地区文化スポーツ推進協会(DCAA:DOHO Cultural&Athletics Academy)との連携

(3)カリキュラムマネジメントの工夫について

一単位授業時間45分授業&朝夕のYALタイム(Yahigashi Authentic Learning25分)を活用した
8コマ授業の展開

(4)チーム担任制

一人の教師が抱え込むのではなく,学年全体及び学校全体で一人一人の生徒に関わる体制の構築

 

洞峰学園つくば市立谷田部東中学校
Translate »
タイトルとURLをコピーしました